Cafe Habana ── レニー・クラビッツとグリルドコーン

投稿日:

レニー・クラビッツの『Again』のPVの舞台になったキューバ料理カフェが代官山にオープン。

チェ・ゲバラやカストロが革命を企てたキューバの都市「ハバナ」にインスパイアされ、1997年にNYのNOLITA地区に1号店がオープン。創業者は起業家、Etsyの投資家として知られるSean Meenan

img_8117.jpg

場所はクラブ「AIR」の跡地、代官山氷川ビル1F。運営はサマソニなどを手がけるクリエイティブマンが行っている。同社の清水社長は、昔から本店の大ファンだったそう。

img_8069.jpg

なんといっても、この店の名物は「グリルドコーン」。(写真は自分がNYで撮影したもの)新鮮なスイートコーンを焼き、マヨネーズ、チーズ&チリパウダーを振りかけたもの。食べる前にライムを搾ります。

「本店より美味しい!」というのが、率直な印象。

お店の方に聞いたら「グリルドコーンに使われるスイートコーンは、本来そこまでみずみずしくないほうが、グリルしてチーズとチリパウダーをかけたときにバランスが取れるんです」とのこと。

「でも、日本のとうもろこしは基本的なクオリティが高くて、基本的にみずみずしい。生で食べても甘い。だから、日本人の舌に馴染みやすく、本場より美味しく感じるのかもしれませんね?」。

日本産の美味すぎるとうもろこしで作る、グリルドコーン。本店の味を知る人もにもぜひ、試してほしいです。

img_8122-1.jpg

(右上)クバーノサンドイッチ。クバーノは、TOKYOオリジナルのキューバんブレッドに、ハム、スイスチーズ、ピクルス、自家製ローストポークを挟んであります。

味の決め手になっているのは、マスタードの代わりにしようしたチポトレマヨネーズ!チポトレは、ハラペーニョを燻製にしたもの。

(右下)照り焼きチキン。こちらも日本オリジナルのメユー。特製ソースで焼いたチキンがとってもジューシー。ピリ辛なチポトレマヨネーズに、くし切りのたまねぎの食感と甘さが意外なアクセント。

img_8119.jpg

デザートは、ペニエとピニャコラーダクリーム添え(手前と左奥)と、ブレッドプディング(後ろ)。

img_8125.jpg

店内はキューバイエローとダイナミックなペイントで彩られて、異国に放り込まれた没入感満天です。

img_8118.jpg

img_8116.jpg

ちなみに自分が昨年NYを訪れた時に、NOLITA店を訪れました。(写真下)。TOKYOにしかないメニューも多いので、NY店にいったことがる人も、十分に楽しめそうです。

NYのグリルドコーンとの味の違いを比較してみるのも、おもしろいかも?

Cafe Habana
東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1F
TEL.03-3464-1887

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中