複雑でシンプル!「北欧」を食べる ── Aquavit

投稿日:

eb1861995fda2db4badc7239bb6b75ca_e8aa92dd566cdb454d80155992ed2559

NYに本店を置く現代北欧料理レストラン「アクアヴィット」。最近ではデンマークの世界一のレストラン「Noma」がポップアップで上陸したように、現代北欧料理は世界から高い評価を得て注目を浴びている。

昨年、「アクアヴィット」のエグゼクティブシェフに就任し、半年で「ミシュランガイド・2015」2つ星を獲得したエマ・ベグンソンが3月に来日。星獲得を記念したコース料理を自ら振舞ってくれた。

北欧料理というとパッとイメージしづらい。簡単にいうと特徴は2つ。
1.素材使い
ニシンや、鱈やサーモンなどの魚介類や、ジャガイモ、ビーツ、ターニップなどの根菜、豚、トナカイ、シカなどの肉、ディルやハーブ類、ベリーなどをふんだんに使用している。

2.調理方法
冬が長い北欧だから、保存食品のための調理法(燻製、日干し、発酵など)が、滋味溢れる素朴な味わいを生み出している。

さまざまな素材のコンビネーションが生み出す新鮮な食感と、見た目から想像できない素材の味わいの深さが混然一体となって、口の中で広がる。一皿一皿に予想を裏切るような驚き、新発見、サプライズが潜んでいる。なんとも緻密に設計されていて複雑だ。
元パティスリー担当というだけあって、盛りつけは繊細でとても美しい。“間”や空間を感じる北欧らしいシンプリシティやミニマリズムを感じるプレゼンテーションで、舌だけでなく目でも北欧のエッセンスを楽しむことができる。

エマ・ベグンソン氏による、コース料理は4/30までの提供。

Aquavit(アクアヴィット)
東京都港区北青山 2-5-8  青山 OM-SQUARE 1 階
Tel. 03-5413-3300

20ed33ac4b23e3bcbe94bcaccccad7fe_9c930edf378ba2e619d634769e0c62cc8457552f1d25a14142ba54e1fe3333cc_47bdfeb287689c15217c0f6a1bbc79c197a15b7e78f46fc04029388cb7ee13e3_544d943c0f16db37aff03b4532c85cde1ce9cdbbe59d13de8e3e03ebda41f63b_6c7037e85f4dd77a16c3c1928dd93db3da9774e780524ef556c09956d75c9277_bdbad2ec6b6f2ebe7966593a7ce0f0e4485c9ec9fda61c228163ccf1c86a43ab_5629c7f708e3a5eb8288a28e2cb8578705c81fc2a2b7ca6c5ecfe5ca72788b18_f60f2ce2d45b871d4ce743737eca0ec92aa369a2164e6f2f19ddf9c5cf09ca2c_ef2d06511dcb5431dacc89ae694cb501 

 

ミシュランで星を獲得している女性シェフは、全米でも3人しかいない。その一人でもあるエマ・ベグンソン氏。食後に話をすると、料理から感じられる繊細さと華やかさを両方を兼ね備えている素敵な方だなという印象でした。
料理のインスピレーションの源は?と聞くと、彼女が愛する海や自然だとか。色使い、素材感、風味、香りなど自然の中で五感で感じたものを、お皿に表現しているという。シンプルなのに複雑、混在しているのに“和”(ハーモニー)がある。そんな相反する要素を兼ね備えた彼女の料理は、大自然そのものを体現しているんだと知り、腑に落ちました。

日本からインスパイアされたと言っていたのは最初のサラダ。オニオンのグリーンソースがとっても印象的な一皿。機会があれば、開催期間中にぜひお店で試してみてください。

アクアヴィットフレンチ / 外苑前駅青山一丁目駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中