れすとらん牛舎 ── 40年の老舗、奥渋谷の牛舎の豚の生姜焼き

投稿日:

Processed with VSCOcam with c1 preset

最近は“奥渋谷”と呼ばれる東急本店通り沿い。もともとNHKや、シアターコクーンに出入りするテレビ、舞台関係者の行きつけとなっている老舗がたくさんある。今回訪れた牛舎もそんな一軒。NHKの歴代連続ドラマのポスターなどが貼られ、製作者や出演者などが訪れたことをうかがわせる店だ。

東急ハンズからNHKに向かって、井の頭通りを歩くと、NHK関連のオフィスが入居するビルの地下にある。知らなければ通りすぎてしまうだろう。この知る人ぞ知る感がたまらない。

「いつものやつで!」という常連さんも多い。その“いつものやつ”こと「ポーク生姜焼き」をオーダー。牛舎というだけあって、メニューにはハンバーグも、牛ステーキも存在するが、創業以来42年間レシピを変えていないというポークの生姜焼きが名物だ。

最近の甘辛い生姜焼きと違って、甘さが際立つ味付けと柔らかい食感が特徴。そのタレは、同じプレートに盛りつけられたポテサラとサラダにも染みてしまっているが、そのごちゃ混ぜ感じが、なんだか昭和っぽくて懐かしい。ハムカツ、カニクリームコロッケ、カレーライスなど、ほかのメニューもとっても昭和。

5849c5b0d807b7517235be3b2e1fc034_a5c4fc6a43f56b4f3f50a98db3e53448.jpg

最後に注目すべきは、イロハニホヘトのボタンがついたレジマシン。創業時にはすでに使われ古かったものだとか。このマシンを修理できる人はもう日本にひとりしかいないとか。

食べるという体験は、ただ美味しいものを味わうだけではないと思う。こうやって昔の人や、憧れの著名人とも同じ体験を共有し、時空を超えた追体験ができるのも食べることの醍醐味だ。

40年前の味と雰囲気をそのまま体験できる奥渋谷の“れすとらん牛舎”。
タイムトラベルした気分を楽しみながら、ポークの生姜焼きをぜひ召し上がれ。

良店でした。

れすとらん牛舎
TEL:03-3464-4806
東京都渋谷区宇田川町41-1 第一共同ビル地下1F
Processed with VSCOcam with c1 presetProcessed with VSCOcam with c1 presetProcessed with VSCOcam with c1 presetProcessed with VSCOcam with c1 preset

れすとらん牛舎洋食 / 神泉駅渋谷駅代々木公園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中